<< 10/16(日) 琉球フェスティバル出演レポート | main | 10/30(日) チャランケ祭出演レポート >>

スポンサーサイト

  • 2016.04.17 Sunday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


-



10/16(日) 琉球フェスティバル出演レポート〜その2

 琉球フェスティバルは我青年部にとっても大きなお祭りです。
1年間頑張って練習、出演にと走り回ったご褒美みたいな日。

前座で踊った後は、素晴らしい歌者のライブ鑑賞できるのです。
日比谷野外音楽堂の端っこで、心を開放して踊りまくります。

今年の豪華出演者は・・・

サンサナー さん
下地勇 さん
よなは徹 さん
大島保克 さん
古謝美佐子 さん
パーシャクラブ さん
加藤登紀子さん
登川誠仁 さん

さらに司会はガレッジセールでした。

今年は加藤登紀子さんが初登場で歌われて、
一同ナマの「100万本のバラ」に感動。
新曲の「命結(ぬちゆい)」にも心が癒されました。

誠小(せいぐぁ)もご健在で、カチャーシーでは椅子から立ち上がって踊るほど。
ノリノリで楽しかったのでしょうね〜。

その他の皆さんも力の入った歌いっぷりとトークと酒、
本当に会場と舞台が一緒に楽しむ、素晴らしいイベントです。

青年部も、素晴らしい舞台に恥じないような演舞を出来るよう、
練習に励みましょう〜。

琉フェスには珍しい、快晴
幸人が歌えば雨が降る説は今年はなかった。

ラストは観客総立ちのカチャーシー!!

私たちもこんな感じではじけてます。


もう来年が楽しみ!!

(nana)




スポンサーサイト

  • 2016.04.17 Sunday
  • -
  • 09:44

-



コメント
ほんと、もう来年が楽しみだよ〜。
ガレッジの2人も、とっても優しくてステキだよね。また誠小に会えますように。
  • 2011/11/01 9:28 PM
舞台を見てるときのかわちゃん、普通の優しい青年だもんね〜。
私舞台上で勇と話しちゃった〜、うふふ。
  • nana
  • 2011/11/01 10:20 PM
コメントする









東京沖縄県人会青年部
最近の記事
コメント




無料ブログ作成サービス JUGEM